耐震等級

耐震とは

地震が来ても建物自体が大きく揺れないように壁・床・天井・梁など、構造材を強固に一体化してしまうことで、地震の揺れに耐え建物を守ろうという考えです。

耐震等級とは

地震が来ても倒壊しないような安全な住宅を建てる為に素人の方でも目安とできる基準が[耐震等級]です

  • 等級1

    建築基準法の強度

    震度6強の地震がきても
    倒壊しない住宅

    震度6強の地震がきても倒壊しない住宅

    東日本大震災、阪神淡路大震災の揺れに相当します。

  • 等級2

    建築基準法の
    強度1.25倍

    等級1で想定する地震
    の1.25倍耐えられる

    等級1で想定する地震の1.25倍耐えられる

    病院や学校等の耐震性能

  • 等級3

    建築基準法の
    強度1.5倍

    等級1で想定する地震
    の1.5倍耐えられる

    等級1で想定する地震の1.5倍耐えられる

    災害時の拠点とする為の強度を高くしている消防署や警察署